季節の変化は良く当たる!流されないヨガ生活で梅雨を吹き飛ばそう!

春夏秋冬に心地よく過ごせるカラダと心ですごしたくないですか。

梅雨や季節の変わり目に具合が悪くなる方もいると思いますが、いつもどうにか心地よくすごせないであろうかと思ってませんか。
あきらめて毎年贈ってませんか?

日本の四季は素敵なものですが、それとはうらはらに、寒暖差での体調不良やなにかと負担がかかってきていることが多いですよね。

晴れやかに過ごすために心地よいカラダ作りの方法とそこに、ヨガ生活を取り入れて素敵な生活スタイルを手に入れてみましょう。
カラダと心を快適にすることはダイエット効果にもつながります!

スポンサーリンク



季節によっての不調とは

東洋医学では人のカラダも自然の一部として考えられているそうです。

5月6月7月は、動物たちも草花もぐんぐんイキイキと急成長する時期なのですが、同じく、地球上の生き物である人間の私たちにも言えることなのです。

この季節に急成長するには、冬眠する動物が目覚めるように、夏になる前の季節、春をゆったり大切に過ごすことが大切になります。
草木が芽吹く春にカラダや心を痛めつけて過ごしてしまうと、成長できる時期に成長できないと言うスランプに陥ってしまうのです。

季節に流されず、快適に過ごすには、できるだけ季節のリズムに沿って、カラダにやさしく丁寧に過ごすことが大事になります。

今現在、不調をかんじている方は、これをきっかけに各季節との付き合い方を見直してみましょう。

梅雨時期のカラダの中

梅雨の頃のカラダの健康状態は実は前の年の夏や冬の過ごし方が、すごく影響していることを知っていましたか?

夏には暑いから勿論、冷たい飲み物がほしくなるし、美味しくなりますが、冷たい飲み物を飲みすぎて内臓を冷やしてしまった人、冬でも自分は寒くないから大丈夫!なんて薄着でカラダを冷やしてしまった人は、自分で熱を作る力が弱まってしまっているのです。

それは、天候と同じことで、体内に湿気、水分がたまりやすいこの時期は、その水分を蒸気にして外にだすことができにくくなってしまうのです。

気付きませんか?
カラダが重い!だるい!それはこのことが原因なのです。

このことを放置すればするほど冷えているカラダを更に更に冷やしてしまい、神経やホルモンの流れを悪循環にしてしまい悪化してしまうのです。

運動や食事で熱を作る

その悪循環から抜け出すカラダを作ることで、できることは、まず、しっかり動いて熱を作ろうとすることです。

まず、ポイントは運動後に冷たい飲み物がほしくなります…でも我慢してがぶがぶ飲まないでください。
運動した後は、筋肉の周りに血液が集中するので、内臓への血液が少なくなりますので、飲み物は必ず、常温、できればですが、自分の体温より温かいものを選んぶようにした方が良いので、そうできるよにしましょう。

ここで、私もそうだったのですが、暑くなると運動からついつい足が遠のきがちになってしまうのですが、水分をため込まないためには運動が大切で、特にヨガ、ホットヨガが巡りが良いカラダを作るには最適なのでおススメです。

暑いときほど、積極的に運動をすることをしてみてください。

運動と並行して、食生活でもカラダを冷やさない食べ物も工夫してみましょう。
外食したときなどで飲み物を注文する時に氷を抜いてもらうとか、カラダを温める食べ物、生姜やネギやシソなどを使った料理、スープなどを摂取することを日課にしたり、環境を変えることを積み重ねてみましょう。

その積み重ねが次の季節や来年に心地よいカラダと心で過ごせる環境を作り、イキイキ輝かせてくれるのです。

ハンドヨガにチャレンジ

ヨガがおススメですよ~といっても、調子がすぐれない時は動くのも億劫だったり、季節の変わり目って、とかく仕事やなんやら忙しくて時間がとれない方も多いかもしれませんね。

そこで、まずおススメしたいヨガなのですが、手や指にあるカラダの反射区(各器官や内臓に繋がると言われている末梢神経の手中する箇所のこと)を刺激して自律神経に働きをかける方法のハンドヨガです。

手には図のような反射区が存在しており、手の「反射区」を刺激することで、内臓 や各器官の活性化などの効果があります。

手は「第二の脳」といわれているので、手への刺激は脳の 活性化にも繋がると言われています。
肩コリや目の疲れなど良く効き上半身のお悩みには特にオススメ!

期待できる効果としては、リラックス効果と冷え、便秘、むくみの解消などですので、心地よいカラダ作りにはもってこいではないでしょうか。

本当に簡単にできるハンドヨガをご紹介します。

指の部位

背骨の反射区と呼ばれる中指を回して首や背中の緊張を和らげ自律神経を安定させましょう。

  • 中指の第一関節をつまみ左右に20回くらいぐりぐりまします。
  • 第二関節もつまんで同様に左右20回くらいぐりぐりします。
  • 手のひらを全体を優しく手首の方へ擦りながします。

手の部位

  • 上の写真の図の「へそ」の部分を息を吐きながら10秒以上指圧します。
  • へそのすぐ下の部分を「丹田」と言いすが、そこを同様に指圧します。

指圧することで、心身の安定化に効果的です。
どの動作も大きく息を吸って、はきながら押したり、回したりしながら行ってくださいね。

アロマオイルなど使ってするとリラックス効果が増して、さらに効果的ですし、足つぼマッサージと一緒にされると更に効果的と言われています。

ハンドヨガは手の健康とバランス、そしてリハビリテーションとコンディションを高めることが注目されてこんな面白い道具もでていますし、名前もハンドヨガクリッパーなどと言うネーミングです。
健康的に心を整えることと体力的効果にも最適です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリッパー CP-075 ハンドヨガ
価格:6980円(税込、送料無料) (2017/5/19時点)

なんだか、サイボーグになったような感じですが、付けて指を動かすだけでハンドヨガ効果があるのは嬉しいですね。

自律神経が整うプチヨガ

ちょっとした時間とちょっとした工夫でアクションするプチヨガで家で楽しめる方法があります。

フェイスピッキング

顔の皮膚、頬の皮膚、眉毛、眉の上など優しくつまんでマッサージしましょう。
目の疲れを取り、呼吸の流れや通りを良くします。

お腹で深呼吸

胡坐になり、お腹に手を当て、お腹の下の方を膨らませるようなイメージで深呼吸をする。
鼻からゆっくり吸って、鼻か口からゆっくり吐いてください。
吸う吐くを各5~6秒くらいかけて時間をかけてできれば、鼻だけを使って行い、吐く時はお腹を凹ませるイメージをしてください。

ゆっくりカラダの中に空気を取り入れることで、呼吸が楽になり、内側から温まり循環が良くなり、汗もかきやすくなります。

立っておこなっても、寝ながらでもOKなのでやりやすい方法でやってみてくださいね。

このちょっとしたことで、自律神経が整ったりするので、そうしますと、今の自分の状態をやさしく受け止められることに結びついていきますので、楽しんでやってみましょう。

この呼吸法ぽっこりおなか解消にも抜群にきくんですよ!

足裏を感じる

一歩一歩歩くときに足裏を気にしたことなんてないかもしれませんが、足裏のどこに体重がかかたり、移動したり、重心がどこにあるか、どんな風に自分は立っているのか観察してみて意識を向けてみると今の自分の心の状態わかるのです。

自分の土台となる足裏に意識を向けるだけで心の状態を優しく受け止めたり、自分を信じる力が湧いてくるのです。

感覚の変化に気付くことができるようになると、自分の成長や変化にも敏感になれます。
仕事帰りや自宅に帰る途中、どこかでかけて向かってる時などに意識してみると良いと思います。

こちらも吸って吐いてとヨガ呼吸を意識したり、足指ヨガでぐーちょきぱーとやってみて指から鍛えて足裏に意識を持っていくと更に効果的ですね。

どうしても意識が向きにくかったら、運動器具に頼ってみるのもひとつの手だと思います。
こちらが最適におススメです。

吸って吐いて踏み込む!足裏の感覚を繊細に感じられ、小さカラダの声にもきづけるようになります。
気付けるようになると言うことは、心が整っていると言うことであるので、不調と戦える意識があると言うことで、次の季節の準備ができると言うことです。

特にヨガをした後は感覚が繊細になると言われていますので、簡単プチヨガからチャレンジしてみてくださいね。

快適な座り方

季節の変化に流されないような方法をたどってきていますが、毎日、朝おきてから寝るまでにいろんなできごとが走りすぎていきますよね。
楽しいこと、嬉しいこともあれば、イライラモヤモヤすることだってあるから心が折れちゃったり、つかれてしまうこともあります。

でも、それは自然なことと思えば良いのですよ、そんな感情はため込まないで、毎日リセットするのが大切なのです。
そこで、そんな心を落ち着かせる手段として、おススメしたいのが「瞑想」です。

ヨガスタジオに通っていてもいなくても1日一回「瞑想」するだけで心のイライラモヤモヤが綺麗に流れてしまうのです。
そんな瞑想を快適にするには、まず座り方をしっかりすることなのです。

座るにあたって、背筋が伸び、腰がたつようにお尻の下にハンドタオルやバスタオル、もしくはお家にある座布団などしいて座りましょう。

両手の平は☝に向けて膝にのせて置いたり、人差し指と親指をつけて「チン・ムドラ」と言う印を結んでも良いですね。

OKサインのポーズをさかさまにしたと思って乗せていただければ大丈夫です。
このチン・ムドラーは脳にもカラダにも効果的と言われています。

初心者向けスカ・アーサーナ(安楽座)

カラダの中心にかかとが並ぶようにしてます。
足の付け根やかかとに痛みがあるようであれば、かかとをずらして楽な位置に調整してくださいね。

その他ヴァジラ・アーサナ(金剛座)

言わゆる正座の姿勢なのですが、膝を揃えて、かかとはなるべくくっつけて、そのかかとにお尻がのるように座り背筋を伸ばし、手は上向きにして膝の上におきましょう。
この座り方、あなどってはいけません(笑)きっちりやるとキツイと言うより、凛とした気持ちが強くなります。

瞑想を快適に心を快適にするための座り方を紹介していますが、もうひとつ、その快適な座り方をするために、ストレッチ的な座り方もありますので、紹介しますね。

その他パーダターナ・アーサナ(長座)

両足を前にそろえて伸ばしましょう。
足先は天井に向けて90度けりだすように!背筋は伸ばして、胸をはるようにしてください。

長座はヨガの一番基本的な座り方ですが、簡単に見えて、こちらも意外と足の角度などきちんとやろうとするとできなかったりするかもしれませんよ。

必ず心と体をリラックスさせるため、基本的な座り方があります。
それが座法と言い、より良い快適に春夏秋冬をおくるためのひとつの方法です。

簡単瞑想のやり方

「瞑想って何?」って思ってる方も多いと思いますし、最初で躓いて、なんだかわからん~ってなっちゃうかもしれませんね。
ヨガをしている私によりますと、正解なんてないのだと思います。

とりあえず、窓をしめて部屋を暗くして、自分にあった座り方をして、短い時間から始めてみましょう。

そして、自分にあったやり方や考えることを見つければ良いのではないかとおもいます。

経験的には、必ず6分間の瞑想が最後にあるヨガメニューのクラスがあるのですが、そこに参加した時のことで、その時間帯に教室の明かりが暗くなります。
スカ・アーサナの座り方で目を閉じます。

それが私の最初の瞑想との出会いだったのですが、どうすれば良いとかなにも教わったわけではないのですが、何故か海の中にいて海上の光が見えてる風景が頭の中に入ってきました(笑)そこからは早かったです。

水面に上がると大きな鷹が待っていてそれに乗って森を抜けて砂漠の荒野のようなモニュメントバレーに似た景色には大きなオオカミがまっていて、今度はその背中にのりまた海に帰りつき夕日をカメとみていると言うことが走りさって、そこで6分間は終了でした。

毎回、ちょっとずつストーリーは進んでいきますが、そんな感じで良いのでは(笑)
でも、その時はまったく他のことは考えないのです。

もし、暗いのが嫌だったら少し薄明りにしたり、音楽をかけたり、短い時間から始めてみてください。
本格的なたどると色々な呼吸のやり方もあるとは思いますが、簡単瞑想は簡単妄想から始めることをおススメします。

イライラモヤモヤは消えることは間違いないと思いますよ。
これでまたひとつ快適生活のアイテムが増えましたね。

季節をより快適に過ごせるヨガポーズ

休み明けや環境が変わったりすると疲れが溜まって、残ったりしますよね。
そこにじめじめした天候や寒暖差などが続くと更に気分がすぐれない日が多くなったりするかもしれません。

そんな時はリラックス効果が高く呼吸が良く通るヨガポーズでメンテナンスをして、より快適に過ごせることをおススメします。
そこでリラックス効果の高い呼吸が通るポーズをいくつか紹介します。

立ちポーズのサイドアングル

壁があれば、壁の方を向いて、脚はまず右足を前、後ろ脚は45度で、前足を曲げて踏み込む、両脚でしっかり床を踏んでバランスをとります。
伸ばしている脚と背中を一直線にしてカラダを支えて腕には体重がかからないように注意して、揚げている腕、肘、指先はしっかりと伸ばし首はまっすぐ、顎はひいてください。
右側が終わったら左側も行い、バランスを良くしましょう。

サイドアングルは不調が出やすい肩まわりや背面のケアに効果的で、ツイストさせることで内臓が刺激されるので、消化力や排泄を促進しデトックス効果も期待できるポーズになっていることと、さらに集中力を高める効果まであります。

ゆっくりと深い呼吸を味わってポーズしてみてくださいね。

寝ポーズの仰向けねじりのポーズ

仰向けに寝て、両肩を床につけたまま、右足を左足の腿の上にのせて、左手でサポートします。
右腕を肩の高さにあげ、手のひらは床、顔は右に向け足は左側にたおして、目線は指先に向けてください。

仰向けねじりのポーズは仰向けになって、両脚を左右に倒し、腹部をねじるポーズです。
腎臓や腸を穏やかに刺激するため、毒素排出効果が高く、代謝がアップに効果大なポーズです。

ダイエット効果も大なポーズで、体幹の筋肉や脇腹の筋肉をを刺激するため、お腹の引き締めにも効果的なのです。
腰痛を緩和したり、内蔵機能を高めて便秘を解消!更にウエストを引き締めると言う快適度抜群です。

こちらも右を行ったら、左も行ってくださいね。

座りポーズキャットストレッチ

四つん這いになり、肩の真下に手首、お尻の真下に膝がくるように腕はまっすぐにして、吸いながら斜め上を見つめるようにして背中を反らし、吐きながら目線はおへそで背中を天井につきだすように丸め、胸、腰、背中を呼吸に合わせて丁寧に動かします。

顎だけとか首だけを動かし、反らしすぎないように注意しながらポーズをとりましょう。
キャットストレッチと言う名前通り、ねこのポーズです。


ウエストやヒップの引き締めのほか、内臓機能の調整、冷え性改善/血行促進、集中力アップなどの効果があるといわれていて、骨盤周辺の筋肉を鍛えるのにも効果があります。

ねこのように「にゃ~」と言いながら息を吐きだすと良いそうですよ(笑)

ヨガのポーズは自律神経を整えるだけでなく、いろんなことに快適なのがわかりますので、まずお家でポーズをとるのでも滑ったり転んだりしたときに安全にできるようにヨガマットやラグを用意するのもおススメですよ。

ちょっとテンションあげたい方には流行りのアジアン柄のマットもおススメですよ!

ヨガのポーズをとるたびに、心もカラダもほぐれていく自分がいることに気付いていくはずですよ!

ビタミンCを美味しく食べる

快適な生活を送るには、勿論、食も大切になってきます。
そこでなのですが、紫外線によって失われやすいのがビタミンCですが、同じくストレスによっても大きく失われてしまうのをご存じですか?
知らず知らずのうちにため込んでしてしまうこともあります。
ヨガ生活の中に更に、快適食生活もとりいれてみましょう。

時間があるときでの作り置きもできる少し工夫した丁寧な食事を作ってみることもおススメします。

アスパラガスとじゃがいものソテー

アスパラガスは、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸で、疲労物質である乳酸を分解してくれて、たんぱく質の合成をしてくれるので、疲労回復や体力アップにお役立ちな野菜です。

じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に強いので、火を通してもビタミンが失われることが最小限なので調理もしやすい野菜です。

アスパラガス…ビタミンC ビタミンE ビタミンB1 ビタミンB2

じゃがいも…ビタミンC

材料2人分

アスパラガス4~5本 じゃがいも中2個 オリーブオイル小さじ2 塩・こしょう少々 赤唐辛子はお好みで

  • アスパラガスは下の硬い部分を少し削ぎ落とし斜めに切る3~4㎝くらい
  • じゃがいもは良く洗い、皮ごと柚子木切りにします。
  • フライパンにオリーブオイルを入れ、熱し、ジャガイモを入れます。
  • ジャガイモが透き通ったらアスパラを加えサッと炒める。
  • 塩、こしょうで味を調える。

じゃがいもは水にさらさなくて良し!アスパラガスはゆでない!ビタミンCが水に溶けるのを防ぎましょう。
シャキシャキ感を残すために炒めすぎないようにしましょう。

美味しいアスパラはこちらで購入できますよ!

美肌なサラダ

プラスで他にも良い野菜はトマト、モッツァレラチーズもビタミン群が補給できて美肌効果も期待できるので、オリーブオイルと塩、こしょうで軽く混ぜて簡単ツヤ肌もゲットできますので、おススメですよ。

トマト…βカロチン ビタミンC ビタミンE

モッツァレラチーズ…たんぱく質 カルシウム ビタミン12

モッツァレラチーズのチーズカロリーがきになるのであれば、豆腐にチェンジするとカロリーオフできますよ。

色々使える美味しいトマトはこちらで購入できます!訳アリですが充分美味しくお得です!

冷製ジンジャースープ

冒頭でも快適生活にはカラダを冷やさないと言うことで、生姜やネギなどが良いと言いましたのでこちらもおススメしたいと思います。
血行を良くしてくれて香りと辛味成分が消化器系を助ける効果もあるので、食欲がない時にもおススメの簡単メニューにもなります。

ここではダシパックを使い、きゅうりとミョウガと卵で涼し気な気分を添えて気持ちも爽やかに~

材料2人分

きゅうり1/2本 ミョウガ1/2本 生姜のしぼり汁10g 溶き卵の卵1個 かつおダシパック1個 塩小さじ1/2 水400ml

  • きゅうりは斜めに切ってからせん切り、みょうがもせん切りにする。
  • 分量の水を鍋で沸騰させ、ダシパックを入れて5分間煮出す。
  • だしパックを取り出します。
  • 沸騰した状態で溶き卵をまわし入れ、かき玉状にしたら塩で味を調える。
  • 氷水に鍋をつけて粗熱をとります。
  • 粗熱が取れたら、きゅうりとみょうが、しょうがの搾り汁を入れます。
  • 冷蔵庫で冷やします。

温かくして長ネギや、きのこ類をいれても美味しく頂けますよ。

これで、かなりの快適生活が待ってることまちがいなしですね。

それでも気分が悪かったり、イライラしたりしたら、まず、受け入れることからしてみましょう。
あるがままの状態を冷静に受け止められて考えると、何がたりないのか、何がいけなかったのか見えてきて、どの方法が自分快適生活にあってるか見えてくるものです。

それから、また読み返してみてください。
意識するだけで、きっともう気付いているはずなので、モヤモヤを吹き飛ばして、快適生活を手に入れてください!

まとめ

ヨガをしてからの私がたしかに続ければ続けるほど、前のカラダとは違うと実感をしています。

自然と快適な日々を送れるようになり、食生活や他のことも快適についてくるよになるのが不思議ですが、具合が悪くてモヤモヤしているのと快適をどちらを選びますか?と言ったら、どちらを選びたいですか?

まず、カラダを冷やさないことからでもはじめてみてくださいね。

きっとこれからは快適生活がまってますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nutsgirl より:

    angeririkaさんこんにちは~(^^)/

    ハンドヨガ用のグッズなんてあるんですね!
    手のツボやおいしそうなサラダまで・・・
    立ち止まり自分を見つめ直したくなるブログ記事ありがとうございますー。ショウガもいいですよね☆

    また読みに来ますねー☆

    • angeririka より:

      nutsgirlさんこんにちは
      ヨガグッズはいっぱいありすぎますが楽しいもいっぱいありますよ~
      梅雨時はカラダが一番重くなる時期なので、色々な回避法と見つめ直しで、素敵な夏を向かえましょうね。