さいたまおススメスポットイマドキ大人女子お気に入りプチ旅

都内にはいっぱいワクワクおススメスポットがいっぱいありますが、その都心から近い「さいたま」にも魅力な場所がいっぱいあることを知っていますか?
歴史、文化、芸術にふれながら、グルメに舌鼓をうち、イマドキ大人女子にはたまらない体験ができる場所がいっぱいあります。

そんな「さいたま」の魅力をちょっこり紹介したいと思います。

スポンサーリンク



小江戸川越にタイムスリップ!

黒漆喰の壁や大きな鬼瓦、重厚な観音開きの扉にノスタルジックな風情があらゆるところに残っている蔵の街の川越は江戸時代初期から時を告げてきた時の鐘が聳え立つ一番街を中心に、羅漢様に出会える喜多院や縁結びに利益のある川越氷川神社などの寺社をめぐったり、名物サツマイモ料理を食べたりと一日中楽しめます。

イマドキ大人女子には嬉しい、毎月8の付く日は「川越きものの日」とされ、着物を着て行くと各施設や店舗で特典が受けられます。
現地でも着物レンタル店舗などが多々ありますので、洋服で現地入りして着物レンタルしてから散策するのもおススメです。

気軽に手ぶらで利用可能、着付け、小物、ヘアセットとトータルコーデネートしてくれる店舗が着物レンタル「美々庵」がススメです。

「美々庵」

川越市幸町14-5
090-3524-8979
10時~17時 火・年末年始休 土日祝日 10時~18時
JR川越駅西口から小江戸巡回バスE14下車、徒歩2分

女性2160円~男性3240円~芸者や舞妓、町娘などプランも豊富に揃っていてたのしめます。

粋に着物を着こなしたら、明治の大火で被害を受けたことをきっかけに、放火性に優れた蔵造りの建物が多く建てられた中の川越のシンボルの時の鐘をバックに写真撮影は必須ですよ。
江戸初期に造られ、現在は4代目になり、重要伝統的建物群保存地区になります。

時間によって顔が変わる時の鐘も楽しみですね。

パワースポット氷川神社、国の重要文化財も多数所蔵している喜多院はイマドキ女子の参拝者で賑わってます。
特に氷川神社は恋愛成就スポットとして知られていまして、毎月8日と第4土曜日の付き2回8時8分から行われる良縁祈願祭では大人気だそうです。

川越氷川神社

川越市宮下町2-11-3
049-224-0589
JR川越駅西口から小江戸巡回バスE11下車すぐ、参拝自由。

散策中のお楽しみは勿論、ランチですよね~名物サツマイモ料理を料理研究家が提案した川越サツマイモ尽くし御膳が食べられるお店がありますよ。

江戸時代に川越藩主により「川越いも」の名前を賜わり全国に広まり、紅赤、紅あずまが有名で知られています。
素材の持ち味を生かしたゴマ酢和えや田楽など創作工夫サツマイモ料理が並ぶ「えぷろん亭」が評判です。

えぷろん亭

川越市元町2-1-19
049-226-3370
11時30分~14時30分売り切れ次第終了 不定休
JR川越駅西口から小江戸巡回バスE14下車、徒歩約2分
川越御膳2700円

タイムスリップ気分ぶらり旅が充分楽しめますね!!!

歴史の古社が鎮座する街は大宮

続いてはこちらも古くからある氷川神社の門前町として栄えてきた大宮。
大宮氷川神社は、創建約2000有余年を数える日本屈指の古社で「大いなる宮居」と称され、大宮の各地の起源になっているそうです。
日本一の長さ緑が豊かな参道は散歩を楽しむ方々に人気です。

氷川神社

さいたま市大宮区高鼻町1-407
048-641-0137
6時~17時 無休 参拝自由
JR大宮駅東口徒歩20分
東京・埼玉に約280ある氷川神社の総本社
縁結びや安産祈願で訪れる人が多いそうです。

2018年にはリニューアル予定の「鉄道博物館」や盆栽の「大宮盆栽美術館」などが周辺にあり、海外からの観光客や盆栽愛好家が多く訪れる場所でして、日本の文化や歴史もばっちり学びながら楽しめるのです。

明治時代から現代までの鉄道の歴史が時期やテーマごとに紹介されていてミニ運転列車のシミレーションといった体験展示も大人気で、36両の実物車両は圧巻です!鉄道の魅力に遊べる博物館は大人女子未開発心をくすぐります。

鉄道博物館

さいたま市大宮区大成町3-47
048-651-0088
10時~18時 入館は17時30分まで 火・年末年始休
大人1000円 学生500円 3歳以下200円
JR大宮駅からニューシャトルで3分鉄道博物館駅下車、徒歩1分
ただ今、リニューアルのため一部展示は閉鎖。

世界の盆栽愛好家も絶賛する世界初の盆栽美術館には約40点の盆栽が展示してあり、音声ガイダンスもあるので、初心者でも充分楽しめますよ。
2017年の4月には「世界盆栽大会inさいたま」が開催されるそうです。

「鉄道博物館」と同じくパワースポット氷川神社とtもにに楽しむのもおススメですね。

そして、そして~ランチは「伯爵亭」はいかがでしょうか。
24時間営業の老舗純喫茶は昭和レトロな内装でひきつけられる印象で人気メニュー大宮ナポリタン850円は食べないとかえれないですよ~
から揚げやトッピングも自由なスタイルで全部のせはボリューム満点です!

伯爵亭

さいたま市大宮区宮町1-16
048-644-3998
24時間営業 無休
JR大宮駅から徒歩約5分
全部のせは1650円

サッカーJリーグ大宮アルティージャのオレンジカラーにもぴったりのカラーな食べ物ですね。

大宮ぶらりは徒歩で行ける氷川神社からはじめて、ゆっくり大宮ナポリタンと回ると効率的に回れるようですね。
歴史文化に充分触れられる大宮も魅力的ですよ。

旅人たちも愛した名物グルメに舌打ちな浦和

浦和は古くからの調神社の門前町して栄えていて、江戸時代には中山道の宿場町としてはってんしてきました。
中山道を行きかう人達が好んで食べたのが、ご当地グルメとされる鰻です。
市内には今もいっぱい鰻料理店があります。

そんな「浦和のうなぎを育てる会」の会長のお店の受け継ぐ、やや辛めの秘伝のたれが絶品の明治創業の名店「中村屋」の伝統の味は、紀州備長炭でふっくらと焼いた鰻が美味しく食べられるお店です。

中村屋

さいたま市浦和区高砂3-2-12
048-822-2585
11時30分~14時30分 17時~20時30分 日・祝日休
JR浦和駅西口徒歩5分

江戸時代の浦和は、沼地が多くそこで捕れた鰻で中山道の旅人をもてなしたそうです。

ちょっこり名物グルメに満足したら、こちらも駅から10分程度で行ける、第10代崇神天皇により、約2000年前に造られた月に住む動物といわれるうさぎの神を使いとした月待信仰の古社と知られる「調神社」に散歩してみるはおススです。
境内には狛犬ならぬ狛うさぎをはじめ、うさぎの石像や彫刻があります。
奥の池の周りには不思議な小人にもあえるかもしれませんよ(笑)

調神社(つき神社)

さいたま市浦和区岸町3-17-25
参拝自由
JR浦和駅西口徒歩約10分

つきのみやさまで知られる浦和屈指の古社の後はそこからUターンでとことこ、日本で一番と言っても良いぐらいのサポーター誇るJリーグ浦和レッドダイヤモンズのオフィシャルショップを覗いてみても良いかと!オフィシャルグッズやマッチデープログラムの販売、チケットやtoto販売まで行っている品揃えばっちりのショップ「レッドボルテージ」、浦和の象徴の一つです。

レッドボルテージ

さいたま市浦和区仲町2-4-1
048-824-0290
10時~19時 月休
試合日は営業時間が変更になる場合があるので要注意

そのレッドボルテージの近くにパティシエの技が引き立つ、季節感あるスイーツやパンを販売しているペストリーショップ「ラ・モーラ」があります。
併設のカフェもあり、種類が豊富なスイーツやパンが存分に食べられる食べ放題デザートビュッフェが楽しめますよ。
お土産には「ラ・モーラうらわろーる」1650円が大人気です。

ラ・モール

さいたま市浦和区仲町2-5-1浦和ロイヤルパインズホテル1F
048-827-1161
10時~20時カフェは19時まで、デザートビュッフェは11時30分~16時30分まで 無休
JR浦和駅西口徒歩7分 レッドボルテージ隣

歴史も文化もスポーツ気分にグルメと盛りだくさんな浦和でしたね、川越、大宮、浦和と紹介しましたが、あなたはどちらに参りますか?
順番に全部回っちゃってもいいですよね~

まとめ

ひと昔前は、ダサいたまなんて言われていたことがありましたが、今はそんなこと言われませんね。

都心近郊でどこに行くのも便利になっているさいたまの魅力はまだまだいっぱいあると思いますが、厳選して紹介させていただきました。

よくばってもよくばらなくても、大人女子のさいたまぶらぶら散歩に出かけてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nutsgirl より:

    angeririkaさん
    こんにちは!私は15年くらい前によく戸田に行っていました(^o^)
    老舗で草加せんべいを食べたり。
    戸田のボートコースは思い出の場所です!
    都心から少し離れた埼玉。人々の優しさや暖かみがありました
    確かに大人のぶらり旅にいいですね~
    たくさんのおすすめスポットの紹介、ありがとうございます

    nutsgirlより

    • angeririka より:

      nutsgirlさんコメントありがとうございます。
      戸田のボートコースにいらしていたのですね。
      また、さいたまにも機会がありましたら、訪れてみてくださいね。