美味しいお肉の食べ方はまだまだいっぱいある!

存分に食べることやおススメなお店、肉パーティーに注文したいお肉を紹介したいと思います。

焼肉の代名詞な存在であるカルビは最近、ヘルシーだからと言って赤身やホルモンの人気やタン塩やハラミと言った他の部位人気にも押され、存在感が薄くなっているのではないかとまで言われてたり、熟成肉も当たり前に食べるようになりました。

赤身も好きだし、霜降りも好き、どうしてそんなに日本人は肉が好きになってしまったのか…

もっとお肉の虜になっちゃいましょう~

スポンサーリンク



焼肉のエンディングはカルビで〆るに限る

一口に言ってもその内容は一律ではありません。
ロースやハラミは部位の名称ですが、カルビと言う部位はないからなのです。

一般的にバラやロースの一部の霜降り肉のことを言う場合が多いのですが、その辺の解釈は曖昧なことが多いようです。
お店によってはいろんなお肉寄せ集めしてカルビと言っているケースもあります。

とりあえず焼肉屋さんに行ったら、カルビは大体注文しませんか。
その人気メニューだけに、お店によっての差がはげしくでるお肉なのです。

お店にもよりますが、カルビはやっぱりタレがあいますよね、そのタレにはやはり、お店の工夫や方向性が一番現れるとのことで、タレの味と合わせたカルビのがお店の実力がわかる基準になるので、カルビは軸のような存在になるのです。

思いますが、カルビをどこの順番で食べたとしても、カルビが美味しくないと、それまで流れ的なものがすべて台無しになってしまいませんでしょうか。
カルビはやはり、焼肉のトリ、〆を飾るに限るし、お店の基準にもなるエンディングメインデッシュではないでしょうか。

最近の焼肉屋さんはお肉の部位を細かく分けている所が増えましたが、昔はカルビかロースの二つの選択だった気がしますし、それをご飯と食べる、ご飯についた約肉のタレとご飯をおいしく食べると言う嬉しさだったですよね。

骨付きカルビなんていうのも当たり前になりましたが、はじめて自分で焼いて、はさみで切ったときはドキドキ感動したのも覚えています。

そんな感動しちゃう肉には味だけではなく美しさやいろんな魅力がつまっているのが必要であって、程よく詰まっていて備わっているのがカルビなのではないでしょうか。

世の中、健康志向になっても霜降り肉のおいしさは必要であり、やっぱりカルビはご馳走であって、カルビはみんながハッピーになれるスターな王様なのですよね!

自信を持っておススメできる最高なお肉がある焼肉屋さん

最近、柔らかいからハラミが好きなんて言う人も多く、ハラミ人気も高いけど、カルビははずせないですよね~
火に乗せた瞬間に脂が溶けだし、秒速で味が変わるので焼くのが真剣勝負のカルビ。

カルビは濃厚で甘い脂の旨味とコクのある筋肉が口の中で溶け合う瞬間がたまらない。
そんなカルビをトモバラや肩ロース、ミスジなど、いろんな霜降り部位をひっくるめてカルビと呼んでいて、筋肉の中まで、脂が入り込んでいるいい肉を、それがカルビ。ただのカルビじゃないよって言ってお肉を出してくれるお店が王道「スタミナ苑」。

それぞれの脂の溶け具合も違うので味わってほしいそうです。
お肉は最高級のA5ランクを使用しており、その日の肉を見極めて仕込みをしているそうです。
A5ランクと言ってもピンキリであって、数字だけでは語れない30年以上培った目と技で閉店後から翌日にかけて肉の準備をするお店は間違いなく自信を持っておススメできるお店です。

A5のお肉でも満足できないものなら客に出さないほど、肉の質に命をかけている豊島兄弟のお店に是非とも!
交通が不便で小さなお店なのに、最近でも人気はおとることなく、海外からのお客様も多く、連日、行列ができるのはお肉への愛情の深さが伝わるからではないでしょうか。

スタミナ苑

月曜日、水~金曜日の平日 午後5時~11時迄/土日祭日 午後4時30分~11時迄 ラストオーダー午後10時30分
★毎週火曜日・第3水曜日定休(※第3月曜日の週の水曜日定休)
お店は予約を受けていないので、混雑は日により変化します。「あらかじめご了承ください」とのことです。
平日の開店直後はお並ばなくても入店出来る場合もあるそうです。

極厚お肉にかぶりつく幸せ

霜降り肉が美味しいと言っても脂がおおすぎるとダメで、大事なのは脂と筋肉のバランスで、おなかがいっぱいになっても食べたくなるのが良いお肉なのです。毎日食べても美味しいと思えるのが良いお肉と言うことです。

口の中にいっぱいに広がる肉汁は特に厚切り肉で味わうべし、胃にもたれず、箸が進むのが特徴なのが特上なお肉であります。
特上なお肉はお寿司やさんで言うと大トロ!食べるとみんなが幸せになれる、他では味わえない魅力です。

そんな特上なお肉が味わえるお店は「カルビは青春だ!」と熱く語るご主人三浦英言一さんの「本さとや」です。
40年くらい前に先代さんが考案したカルビをはじめとした極厚お肉は、それまで薄切り肉を認識していた人々の度肝を抜いたそうです。

おどろくほど柔らかいのに噛みごたえもあるボリューム感と濃厚な焼肉を食べたと言う満足感にみたされること間違いなしです。

住所
〒111-0035 東京都台東区西浅草3-1-9
TEL 03-3845-0138 03-3843-1129

営業時間

平日 PM14:00~AM2:00 (ラストオーダー AM1:30)
土曜 PM12:00~AM2:00 (ラストオーダー AM1:30)
日祝 PM12:00~PM24:00 (ラストオーダー PM23:30)
無休

本さとやの1Fでは昔ながらの七輪を使ってもくもくと立ち上がる煙の中でエネルギッシュに肉を焼いて食べられるそうです。

焼肉は人間本来の野生の部分を刺激する食べ物らしいのです。
食べに行くときはウキウキわくわくする人が大半だと思いますし、気持ちが前向きにになるはずでそれが青春なのだそうです。

厚焼きリブロースの他にもメニュー満載!

住宅街の美味しいリーズナブルカルビ

焼肉もお肉も、もちろん大好き!でも値段が高いから、そんなに行けないかな~と言う意見も多いかもしれません。
そんなあなたに日常使いでも大丈夫なお財布にも優しいお店があります。

地元の住民を中心に焼肉ファンから指示を受けているお店が世田谷、駒沢にあります。
良質なお肉をリーズナブルに食べられるお店です。

お肉の並のレベルの高さに驚かせられますし、1000円しないと言うお値段にも大満足なしだと思います。
お肉並のレベルでお店の実力がわかるなんて言う人もいるらしいのですが、どのお肉も脂がのっていて甘みがあり、柔らかく、お肉ならではの食感がすごく味わえます。

そのリーズナブルなカルビを中心にオーダーすれば支払いも安心です。

内装も喫茶店を思わせるようなアットホームなフインキで対応の良い接客が笑顔を誘います。
値段が高いからいけない~なんて言葉は不要、気軽に来店してみてはいかがですか。

「コソット本店」

住所 〒154-0016 東京都世田谷区弦巻2丁目9−11
電話 03-5426-0350
営業時間は金土日のみになっていて
17:00~0:00
麻布十番に支店がありますが、そちらはレストラン形式になっていまして、駒沢の方とはフインキもお値段も違いますが、そちらも美味しいですよ。駒沢本店はカルビ¥790~です。

カウンターで味わう短角牛の極上ヘルシーお肉

長いカウンターが陣取る店内はまるでお寿司屋さんのような焼肉屋さんがあります。
カウンターがメインなので、1人や2人のお客様がほとんどだったりしますが、他の視線も何も気にならないと言う安心感に守られ、ここなら1人焼肉しても大丈夫!な場所です。

最近では1人焼肉も気にならない方もいるとは思いますが、まだまだ私は1人は無理!なんて方にもOKではないですかね。

それと、お店の売り的なメニューが短角牛や赤牛など色々な種類を扱っていることです。
短角牛や赤牛は脳で味わう牛肉のお話しでお伝えしたように黒毛和牛に比べて脂肪が少ないことから、ヘルシーだとここ数年注目を浴びていて赤身の美味しさがストレートに感じられてたまらないと人気なのです。

短角牛のお肉は食べてみると、ちょっと固いかもしれませんが、それが短角牛の特徴で歯ごたえがしっかりしていて、噛みしめるごとに肉の味わいが口の中に広がって行く美味しさが楽しめます。
肉本来の味わいと素朴な味わい両方楽しめるので、1人で味わうにはちょうどいいのかもしれませんね。

「かるびあーの」

住所 港区新橋 3-7-4
電話番号
03-3519-2929
アクセス JR東海道本線ほか新橋駅から徒歩7分、東京都営三田線内幸町駅から徒歩5分
営業時間
17:00~27:00
定休日 日、祝日
秘密なデートにもおススメです。

熟成肉専門店でも焼肉は食べられる

時間と専門設備、技術も高いものが求められるので海外では高級食材と知られている熟成肉を日本人向けにリーズナブルに提供したいと言う思いがこめられた熟成肉専門の焼肉屋さんがあります。

そのままでも美味しい和牛を熟成さえた贅沢な味わいっが楽しめます。
寝かせたお肉は美味しいのです。

成分や水分でも変化が現れる熟成和牛のお肉はワインに良くあいますし、お肉を食べながらワイン会なんて言うのも良いではにでしょうか。和牛のスペリャリストが芝浦市場から直接仕入れることで、実現した熟成肉にしては激安価格も魅力です。

店内は焼肉屋とは思えないおしゃれ空間なので、行事や仲間とわいわい会、勿論デートにもおススメです。
他のメニューでも熟成肉の旨味がぎっしり詰まった塊肉なども楽しめますが、コースやメニューによっては前日まで予約しておかないと食べられないものもありますので、ご注意くださいね。

日本人が肉食になっちゃたわけとは

日本人は仏教が伝来した飛鳥時代の肉食禁止令が出てから1200年もの間、肉をたべれなかったのです。
しかし、日本人と牛の付き合いは長く古墳時代に朝鮮半島からやってきた渡来人によってもたされたと言われ、奈良時代~平安時代にかけては農作業、主に水田で使われて長いこと活躍してきたのです。

その牛を食べることになったのは明治以降と言われています。
江戸時代には「薬食い」として滋養強壮のために牛肉を食べていたとも言われています。
一番、肉を食べることを習慣としていた日本人はは渡来人が多く、影響を受けた近江の彦根藩(現在の滋賀県)だそうです。

その彦根藩は陣太鼓に牛側を使うので、それを理由に幕府から正式に牛のと殺を許され認められていた藩なのです。

そして戦後に在日の人々がもたらした焼肉文化に日本が誇る霜降り黒毛和牛がミックスされ、バブル景気を迎えた80年代以降はかかせない日本のご馳走になったのです。

なかなか焼肉を食べながら、歴史文化のことは考えて食べませんよね。

日本人はどうしてそんなに霜降り肉LOVEなの

明治に入り文明開化が起こると、人々は牛鍋を食べるようになりました。
そこではミラクルが起こったのです。
水田作業のために使っていた牛が猛烈に美味しかったのです。

その足を細くする遺伝子と肉が霜降りになる遺伝子が連動していたため、食べるとなったら、すごく良い肉が取れたといいます。

明治以降、牛肉が解禁にはなりましたが、そのころは物資が少ない時代だったので、肉は少量しか食べられませんでした。
それでも、霜降り肉で作られた牛鍋は、少量の肉でも美味しい味が出て喜ばれたと言われています。

そんな時代から徐々に霜降り肉の価値が上がって行ったのだろうと言われています。
欧米人は霜降り肉をこのまないらしいのは肉がほとんど主食なので、脂っこいのは向かないからだそうです。

一気に日常食化している日本でも最近ではヘルシーだからと赤身肉が好まれていて、脂っこくない霜降り肉があっさりしていて上等とされているようになっています。

日常的は赤身肉、ご馳走の時は霜降り肉なんて具合に日本人の肉食カルチャーも進んでいくのでしょうね。

でも、やっぱり霜降り肉が食べられるならいつでも霜降り肉がいいな~なんて思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)

日韓焼肉と比較すると…

日本の焼肉のルーツは、戦前~戦後の物資がない時代に在日の人たちが食べていたホルモン(内臓)にあると言われてます。
財産の目録の第1号が牛だったと言う挑戦では牛を「生口」といい家族同様に大事にしたと言われています。
なので、食べる時も捨てる所がないくらいに大事に食べたと言う伝統があって、内臓を食べるのは当たり前な習慣でした。

日本では内臓を食べる習慣はありませんでしたが、在日の人たちが多かった川崎セメント通りの食堂街では美味しく食べられていたのはホルモンで、それを真似して食べたらすごく美味しかったようで、労働者を中心にして広まったようです。

その後、日本に「焼肉」と言う言葉が誕生したのは昭和40年以降で、朝鮮半島での韓国と北朝鮮の対立を背景に朝鮮料理や韓国料理、ホルモン焼きのような名称がでてきました。
韓国語の「ブル=火」「コギ=肉」からとって「焼肉」にしたと言う説が有力だそうですが、最近では良く聞くブルコギと言う料理は牛肉を甘辛いタレに漬けこんで、焼いたり煮たりする料理であり、朝鮮では李朝時代からある伝統料理だそうです。

日本人にあうのは韓国式もみダレではなく付けダレだと言うことでアレンジされたり、煙の問題を解決する「無煙ロースター」が誕生したり、中年男性のワンダーランドだったはずの焼肉店は各店努力により女子も子供も安心して臭くない綺麗な場所となり、一気に大衆化していきました。

牛肉自由化計画にて安価な牛肉も入ってくるようになったことも、焼肉文化の普及も後押ししたのではないでしょうか。

在日朝鮮人が食べていた→業界を在日が大きくしました→日本人に広まる→日本人がアレンジ→更に業界が大きくなる。
そして今では韓国でも日本式の焼肉店が増えています。

逆輸入のような状態なのでしょうか。
レモン汁を付けて食べると美味しいと言うのは銀座のホステスが言ったことから始まったと言われていたりしているので、日本の焼肉は国民全員で考えたようなものですね。

韓国と日本の肉食ミクスチャーはまだまだこれから進化していきそうな気配ですね!

日本の焼肉は焼く前にさっとタレをつけて、焼きあがった後にタレをつけて食べるのが特徴です。
一旦、お皿にとって食べると言うことから韓国のもみダレ文化と違いつけダレ文化がうまれたらしいです。

と言ったように、焼肉と言うのはカルチャーミックスが生んだ芸術品ではないでしょうか。
この時代なので楽しく好きに食べれれば幸せですよね。

お肉パーティーで注文するおススメお肉

肉好きの日本人は肉パーティーを開くのが当たり前になってきているはずです。
そんな時はお取り寄せが便利ではないでしょうか。

大人数対応であれば、宮崎でハーブを食べて育った「宮崎ハーブ牛」はいかがでしょうか。
オレイン酸をたっぷり含んだヘルシーな牛で食べ比べセットなども盛り上がって良いと思いますし、ハーブで育ったと言うのもネタになって良いですよね。

その宮崎牛の「これどげんねセット」は

  • もつ鍋や、土手煮、焼肉などに使えるミックスホルモン。
  • カレーやスジ煮込み、おでんなどに使えるスジ肉は、予めボイルして調理しやすくしてあります。
  • 牛しゃぶサラダや、肉じゃが、すき焼きなどに使える牛小間スライス。

お料理をするにもってこいのセットです。

大勢も良いですが、二人で仲良く、贅沢に食べるのもよくないですか?
そう、世界のブランド松坂牛は見た目のうつくしさだけでなく、常温でも脂が溶けだすほどの良質の脂、その中でもサーロインの風味は口の中でとろける独特の甘み、抜群の味わいが楽しめて、ステーキには最適です。

二人の仲も盛り上がる間違いなしなので、大切な人と普段はたべないようなお肉をたべちゃいましょう!!!

ここ一番のお肉パーティーの時に是非!

お好きな料理法、お好みの大きさにカットできて、意外とお得なのがブロック肉です。
ステーキ、焼肉、薄くスライスしても良しと調理法は無限大なのです。

そして食べる前に切り落とすと言うことは、鮮度が良いと言うことであり、新鮮で味も良い状態と言うことでもあります。
どうせなら日本一2連覇の宮崎牛のモモ肉、キメは細やか脂は控えめの赤身肉ならではの旨味が味わえて、脂が苦手なヘルシー志向の人にもおススメです。

お肉とは素敵なドラマが生まれる食べ物だと思います。
お肉と聞いただけでワクワクしちゃもんですよね。

まとめ

これで、お肉を食べる時の味わいが、より深まり、まだまだ美味しい食べ方があるのがわかりましたよね。

しっかり学び、がっつりお肉を食べて美味しく楽しくなりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nutsgirl より:

    こんにちはangeririkaさん。
    たくさんの焼き肉屋さんをご存じなんですね~。

    焼き肉を一緒に食べられる友人とは友情が深まると聞きます。
    angeririkaさんにはステキなご友人がたくさんいらっしゃることとお見受けします。

    お肉のサイト注文ならギフトにも使えていいですねー☆

    • angeririka より:

      natugirlさんコメントありがとうございます。
      お肉大好き人間なので、嬉しい誉め言葉です。
      ギフトもかなりおススメなので、試してみてくださいね。